• ETETORU.jpgNEWS.jpgdiary.jpgworks.jpgproject1.jpgmovie.jpgprofile1.jpgdiaryのコピー.jpgothers.jpglink1.jpg

現代建築

「発展しきったかに思われる現代日本で物づくりをするという事」

現代日本で、毎日国産の食材のみで食事をし、MADE IN JAPANの服しか身に付けない、そんな人は滅多にいないと思います。私達日本人の人件費の1/10や1/20で物をつくる人々が世界には沢山います。建築も今では人件費(日本人の)をかけず、外材で建てる事がオーソドックスだと思います。そんな時代に、できるだけ手仕事で建築をやりたい、梅津建築のベースにある考えです。
手仕事で作った建築は、優しい風合いがあり、思いがこもっていて時間と共に深みを増し、空間は、そこにいる人の心の拠り所となっていきます。



pic_p03_01.jpgCIMG2828_005.jpguntitled.jpg0572a7fd.jpg



しかし現代日本では人件費が高く、手仕事で建築すると予算に悩まされるのが現状で。多くの建築屋さん達はそのジレンマと戦っています。そこで今の私達がひねり出した答えが、設計事務所・工務店・大工の三つの業務を二人だけでやるという事。現代日本お客様にぴったりと合った(量産型の個性が無く、心がこもっていない物ではなく)・手仕事で職人の技術と心のこもった・時間と共に深みを増し、後の世代に引き継がれていく建築物を建てる為、年間にこなせる物件数は少ないけれど二人で頑張ろうと。といった思いでスタートしたのであります。

サル旅立ち.jpg