• ETETORU.jpgNEWS.jpgdiary.jpgworks.jpgproject1.jpgmovie.jpgprofile1.jpgdiaryのコピー.jpgothers.jpglink1.jpg

3月20日(土) 
泥泥の一日

今日、土壁塗りが始まり現場は泥だらけでした。写真は昨年私達が大工工事で携わったLinkIconE様邸の吹き抜けに面した大きな壁にイタリア磨きという特殊な仕上げを施した郡上八幡 小池左官の職人さん達です。

写真上:足場の上にいる粥川さんに泥を渡している野田さんです。

写真中:膝にきそうなえらいたいせいでも上手に泥を塗っている粥川さんです。

写真下:何故か笑いながら泥を塗る小池達也くんです。

小池左官が現場に来ると、いつも笑いが絶えず、楽しく仕事ができます。

宮田智治

P3201790.JPGP3201788.JPGP3201778.JPG

3月19日(金) 
埃がもんもんな一日

今日は、昨年LinkIconE様邸を設計施工された石垣硝子(有)IS-DESIGNの石垣さんにS様邸LinkIconリフォームの大工工事を依頼されたので、早速解体工事をしに行きました。

写真上:自ら率先して天井を解体している石垣さんです。もんもんとした埃の中、ハッスルしています。僕は埃にめっぽう弱いので、ゴミ運びに勢を出していました。

写真中:床を剥がしたら大引き(床を支える10cm角位の部材)に古材が使われていました。元々はこの家が建つずっとずっと昔に建っていた家の大黒柱だった物を再利用したようです。昔は材料を再利用する事が当たり前だったんですね。この元大黒柱は多分100年近く前の大工さんが加工した物だと思われますが、まだ手道具しか無い時代なのにすごく正確で綺麗な加工が施されています。すごく高度な技術です。僕の勝手な想像ですが、この加工を施した100年前の大工さんは、100年後の大工(僕です)に見られることまで意識して綺麗な仕事をしていたのではないか、、、僕は大工修行時代に特に良い材料は「将来再利用される事を踏まえて加工しろ」と教えられました。

写真下:解体が終わり構造体が丸見えに、どんな家に変貌するのか、乞うご期待。

宮田智治

IMG_1024.JPGIMG_1038.JPGIMG_1035.JPG

3月18日(木) 
賑やかな一日

こんばんは、梅津です。

初めての日記です。
今日はいろんな打ち合わせの日。
写真上:aimのオーナーと奥さんと打ち合わせ  実物と模型を照らし合わせて箱樋の色を決めました。
とてもいい色に決まり出来上がりがスゴく楽しみです。

写真下:鉄職人(滋賀県フォージワークス)石倉さんと打ち合わせ  石倉さんには玄関のドアハンドル スロープの手摺 室内階段の手摺を作っていただくお願いしました。
鉄の風合いがとても楽しみです。

梅津貴将

IMG_1011.JPGIMG_1015.JPG

こんばんは、宮田です。今日は来客の多い一日でした。昔ながらの土壁や踏み天井を採用している私達の物件を「懐かしいねえ」と近所のお婆ちゃんが見学しに来ました。現場見学会は月曜日から土曜日の朝9時から夕方5時まで行っています。見学をご希望の方は電話、又はメールにてお問い合わせください。

写真上:美容室aimのオーナー、電気屋さんの神野さんとコンセントや電話、LANの位置を打ち合わせしました。私達はできるだけ職人さんとお施主さんとで打ち合わせを行います。色々な業種の職人さんとのコミュニケーションは、良い建築を作る為にはすごく大事な事だからです。

写真中上:合間に打ち合わせをしながら大工工事も頑張ります。

写真中下:オーナーご夫妻と2階のヘッドスパルームに面した大きなバルコニーにて打ち合わせしています。

写真下:夕方から雨が降り出したのでビニールシートで雨が入らないように養生しました。外壁ができるまでは大事な建物が濡れないように、雨・風と戦う毎日です。


宮田智治

IMG_1006.JPGIMG_1005.JPGIMG_1012.JPGIMG_1020.JPG

3月17日(水) 
工事進行中

こんばんは、宮田です。今日も美容室の工事は着々と進んでいます。
写真上:郡上八幡 橋本建築板金の和田さんと応援に来てくれた職人さんがトタンを折ったり切ったりして雨どいを作っています。この雨どいは、ダイナミックに反り上がった屋根に設置される物です。大きな屋根の雨水を受けてくれて、屋根の美しい曲線を邪魔しない手仕事でしかできない雨どいです。
写真中2枚:同じく郡上八幡 小池左官の親方小池さんが土壁の下地となる竹子舞を鉈で加工しています。竹の先を尖らせて、柱・梁に刺します。
写真下:代表 梅津貴将が窓枠の下地になる木材を電動丸鋸で加工している様子です。この加工は建物のデザイン上かなり重要な部分で、原寸図を描いて二人で仕上がりをイメージした上で加工に取りかかりました。

宮田智治

P3171774.JPGP3171780.JPGP3171779.JPGP3171784.JPG

3月16日(火) 
トタン屋根

今日は、2階の屋根が葺けました。ガルバリウム鋼板(耐食性、耐熱性、加工性などに優れたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板)の片流れ縦ハゼ葺きです。ローコストで雨漏りの心配もない、最も単純で安心な屋根です。

宮田智治

P3161775.JPGP3161778.JPG